やはり、そうだったか…
やっぱりセラドさんはアウェイクンのモデルだった模様

今まで名前が出てこなかっただけで結構な古株みたい。
恐らくアウェイクンの様にバッサバッサ「仕事をする」有能な人材なのだろう。

まーそれは良いとしておいて、MrTactの反応が少し不気味…
これとか

ん~ 装備の抵抗上限にタクティクスによる制限入れるのはどんなもんかなぁ…
否定的見解の論拠1
タクティクスは戦術であって個人攻撃能力の増強技術や鎧の扱い方に関する技術ではない。
そもそもの語義から余り離れた能力付けるのはゲーム自身を判りにくくする物では無いか?
(個人的には今のタクティクスは実質的にウェポンマスタリWeapon Masterlyだと思うし、防具に対して効果を持たせるならArms Masterlyの方がしっくり来ると思うのだが)

否定的見解の論拠2
これだとタク無しメイジが速攻転がりかねない。例えば軽くタク0で上限60 タク100で上限70とした場合でも、結果的に呪文の効果が33%増しになってしまい、今の呪文ダメージだくだく状態のメイジ同士の戦闘が大味になるのでは無いか? HP上限まで下げたらEX-FSコンボで沈む連中出てくるのではないか。(と言うことで呪文のダメージレンジ下げると今度はPvMで魔法使いが…また召喚メインの戦い方に逆行しかねない)
圏外はどうなるか判らないけど、少なくともPitはかなり寒い事になるのでは?

勿論これらがMrTactの個人的意見に過ぎないことは了承してるし、有能なるEAの開発陣が何らかの補正をしてくれるとは思うが…それでも尚MrTactの意見に皆が注目するのは、彼の意見がかなりUOに対して「効果的である」事に起因する訳で…良くも悪くも大御所なのだから、自分の個人的意見は匿秘して、誰か手下に「代弁してもらう」とより自然に会話が成立するのではなかろうか? 今回のDexxerの強硬/過剰な反論もMrTactのポジションで発せられたから発生している気もせんではない。
個別の修正案出すのではなく、MrTactには「こういう状態になるのが望ましい」と言う「全体的なUOの未来像(ぼやけ気味)」を語って貰いたいと思う。
メイジの装甲は薄いもんだとか
戦士は張り付いて戦ってなんぼであるとか(これには私は異を唱えたいが)
単騎同士の戦いでは戦士はほぼ確実に魔法使いを倒せるが、集団戦になるとメイジの火力は恐るべきものになるべき…とか。

P.S.
なんかもうじき戦技研が60000Hitを迎えるが、実は我がサイトにおいて記念Hitは60000では無い。コンピュータ系サイトなのでぴったり賞は2^x つまり記念ヒットは65536Hitである。
(今、平均すると日に80Hitなので来年年初に記念ヒット達成の予感)
これを逃すと次の記念ヒットは131072となりいつになったら達成できんだコンチキショウ! となるのでまぁ、そこはかとなくお祝いしたい。
尚このカウンター、ユニークヒット(F5でカウント加算されないタイプ)なので誰かに記念品差し上げるとか出来ないのが残念無念。うむぅ。
[PR]
by SoHVessel | 2005-11-17 09:04 | それとなくなんとなく
<< EAJさんにお願い セラドさんの元ネタ発見? >>